スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッシ交換事件(2011年2月)

建築中から現在までにあったエピソードをいくつかご紹介したいと思います。


まずその一つ目。


平成23年の1月末だったと思います。複数のサッシメーカーが製造するアルミ樹脂複合サッシが、本来持つべき耐火性能の基準を満たしていなかったとのニュースが流れました。どうも当初の防火認定試験時とはサッシの構造そのものが変えられていたようですね。

その頃の我が家では建物は上棟し、既に当初の設計通りにサッシが取り付けられていました。ところが住友から連絡があり、このままでは問題が生じるとのことでした。

具体的には引き違いタイプの窓はそのまま使用できないとのこと。



我が家で問題になったのは、浴室、洗面所、トイレ2カ所および2階のバルコニーに面する主寝室、子供部屋の窓2カ所でした。それぞれどう対応するのかが緊急の課題になります。


まずバルコニーの窓2カ所は防火のためシャッターを追加することになりました。

DSCF2311.jpg




次に浴室とトイレは引き違いから上げ下げ窓へ変更です。


まず浴室ビフォー。元々は引き違い。

DSCF2024.jpg


浴室アフター。上げ下げ窓に変わっています

DSCF2509.jpg



そして1階トイレのビフォー

DSCF2020.jpg


アフター。こちらも引き違いから上げ下げ窓へ変更。

DSCF2568.jpg



さらに2階トイレのビフォー

DSCF1947.jpg


アフター。こちらも一緒です。

DSCF2545.jpg




問題は洗面所でした。浴室などと比べてかなり小さい窓のため他のタイプで収まるものがなかなかありません。上げ下げ窓では対応するものがありませんでした。いろいろ悩んで最終的には「(平行)押し出し窓」に決定しました。ハンドルをくるくると回すと窓がそのまま外方向へ数センチ程動いて、窓の四方に隙間が空くものです。いかにも換気用といったイメージの窓ですね。

(イメージはこんな。画像はお借りしました)
2515443.gif


実際はこんなです。洗面所ビフォー。小さな引き違い窓でした。

DSCF2073.jpg


洗面所アフター

DSCF2492.jpg



住友は何も悪くないトラブルでしたが、上記の対応については一切追加費用はありませんでした。逆に我が家ではオプションとしてラチス窓格子を付ける予定でしたが(実際に既に付いていました)、「本来望まない窓を付けさせるのだから格子のオプション代くらいサービスする様にメーカーに交渉してくれ」と営業さんには伝えました。このオプション代は要望通り無償にしてくれましたが、今思えばメーカーへの交渉ではなく単純に住友側の値引きとして処理したのかもしれません。



なお実際に住み始めてからは、建物背面の各窓を開けることがほとんどないため、窓を変更したことで使い勝手上で困ることは今のところありません。むしろ格子のオプションが浮いたので、我が家にとっては棚ぼたの出来事といってもいいのかもしれませんね。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 家づくり日記
ジャンル : ライフ

プロフィール

turbomedalist

Author:turbomedalist
2011年春に自宅を新築しました。家族4人で新居を満喫中です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。