スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Web内覧会その10 洗面室

9月ももう終わりですね。今日は洗面室です。




我が家の洗面室はリビングに面しています。
適当なものがなかったのでこの写真で。階段の左側です。

DSCF2526.jpg


洗濯物を持って洗面室を出るとすぐ横に階段があって、洗濯物を干す時のバルコニーへの動線が少しでも短くなるように配慮しています。




さて洗面台はPanasonicのウツクシーズです。色はエクセルライト、幅は90㎝。本体キャビネットは引き出しタイプ。いずれも標準です。パノラマタイプもかなり惹かれましたが、我慢しました。

DSCF2514.jpg


オプションでウォールキャビネット(天袋収納)とランドリーラックを追加しています。床は濡れても平気なように、ごく普通のクッションフロアです。

奥の窓ですが、押し出し窓というタイプで、レバーをくるくると回すとガラスがそのままの向きで数㎝押し出されます。元々は普通の引き違い窓でしたが、防火性能を満たしていないという例の事件によって変更を余儀なくされました。


1つ目の特徴は洗面ボールに有機ガラス系新素材を使用していること。浴室やトイレでも採用されているパナお得意の素材です。ボール右側は一段下がっており、濡れた物を置くためのウェットエリアとなっています。


DSCF2517.jpg




2番目の特徴はタッチレス水栓「すぐピタ」

DSCF3377.jpg



最近の商業施設のトイレなどでは自動水栓がかなり普及していますが、同じように水栓に触ることなく手をかざすだけで水が出てきます。必要な時は手動に切り替えも出来ますし、右側のレバーを調節することで水量や水温の調節も出来ます。また鏡面の下に付いているので水栓周りが濡れて汚れるようなこともありません。

ノズルの部分は外れるようになっていて、シャワーのように使用することも出来ます。いわゆる洗髪洗面化粧台というやつですね。


3つ目の特徴は照明にLEDを採用していること。パナでは「すっきりLED」と呼ぶようです。また節電はもちろんですが、器具がスリムになることで鏡面裏の収納力を増やしています。

4つ目にヒーターレスミラーのくもりシャット。曇りをヒーターで取るのではなく、鏡をコーティングして曇らせないようにし、さらに電気代も節約できます。




洗面台横には収納があります。

DSCF3378.jpg


収納としての扉と空間は標準ですが、なぜか収納内の棚はオプションになっています。見積もりも高かったので、我が家ではDIYでがんばって可動棚を取付けしました。


実はこの収納の中にブレーカーが付けてあります。これは施主の指定です。室内に出っ張ることのない様にという考えからです。

DSCF2512.jpg

ブレーカー右のボックスはオプション品で、パーパスの電力測定ユニットです。浴室編でご紹介した新型の給湯リモコンと組み合わせて、ガス、お湯、電力の使用量が分かる「エネルック」に対応しており、瞬間使用量や一定期間の総使用量が見られるようになっています。



タオル掛けはリラインスのR1304。標準品です。

DSCF3376.jpg


その他にバスタオル掛けも標準仕様でありましたが、それを設置する壁が無いのと、ランドリーラックにタオルバーがあったのでキャンセルしました。



洗面室についてはこの辺で。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

turbomedalist

Author:turbomedalist
2011年春に自宅を新築しました。家族4人で新居を満喫中です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。