スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エネルック 我が家のガス使用傾向を考えてみる 

エネルックの2回目です。




さてまずは撮影しやすいキッチン側のリモコンで見ていきます。

DSCF3480.jpg



リモコンの下半分が開けられる様になっており、各種スイッチが隠れています。

左側のスイッチ2つがエネルック機能のスイッチです。まず下側の「エネルギーメーター」は現在の各エネルギー(ガス、お湯、電気)の使用量を表示させることが出来ます。上の写真はちょうどそれを表示させたところです。




次に上の「エネルック」ボタンはそれぞれの一定期間の累積使用量を確認することが出来ます。
もう一度、我が家の核エネルギーもとい各エネルギーを見てみます。

DSCF3481.jpg



見事なまでのV字になっていますね。我が家のキッチンはガスコンロではなくIHクッキングヒーターですから、料理するのにガスは全く消費しません。つまりガスを使用するのはガス給湯器のみです。なのでガスとお湯についてはグラフで見るとほぼ同じ形になります。


お湯を使うのがどんな場合か考えてみます。

1.洗面所

我が家では洗面所でお湯を使うのは妻だけです。朝、起きて顔を洗う時ですね。もちろん暑い夏場はお湯ではなく水を使っていることと思います。

でも私は寒い時期でも洗面所では水しか使いません。理由はケチなのと、水が出てくるまでの待ち時間が面倒だからです。子供は水栓レバーの位置によってお湯が出てくるのだという事自体を教えていませんので、意図的にお湯を使うことはありません。


2.食洗器
食洗器は基本的にお湯を使います。具体的にどの様な仕組みになっているかは良く分かりませんが、おそらく給湯リモコン設定の温度で庫内にお湯をいったん出して、さらに搭載ヒーターで60度程度に加熱するものと思います。食洗器は入居以降、季節に関係なくコンスタントに使用しています。


3.浴室
当然にお湯を使用します。ただ暑い夏場はお風呂は沸かさずにシャワーだけ使う様になります。



以上のことを考えると、浴室で浴槽にお湯をためて浸かるということがガスとお湯の使用量に影響与える主要因だということが分かってきました。


一つには、我が家の浴槽はワイド浴槽なので、それ以外の浴槽と比べて湛水量が多くなってしまうことなのでしょう。エスライン浴槽とは満水量で70Lの差(25%増)があります。あらかじめ分かっていることですので湯量設定も控えめにしているんですけどね。


もうひとつ思うのは、思っていた以上にシャワーの節水量が大きいらしいということです。パナのココチーノではW節水シャワーがオプションとなっていて、我が家でも採用しています。季節に関係なくシャワーは使用しますので、使用水量が少ないと考えないとガス使用量の季節差が説明できなくなってしまうと思います。

カタログでは年間コストを32%削減となっていますが、意外と本当のようですね。

※我が家ではガス、電気ともに床暖房を全く設置していませんので、あしからず。



ちなみに月間使用量もこんな感じで表示させることが出来ます。

DSCF3482.jpg




とりあえず今日はここまで。次回は電気使用量を見てみます。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

turbomedalist

Author:turbomedalist
2011年春に自宅を新築しました。家族4人で新居を満喫中です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。