FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Web内覧会その9 リビングその2

涼しい日が続きますが、今回はリビングの後半です。



まず玄関方向はこんな感じ。

DSCF2522.jpg

以前の記事にも書きましたが、我が家のフローリングはウッドワンのジュピーノ・ハードタイプニュージーパインの無垢フローリングです。色はナチュラル


我が家はY市限定仕様(ただ住所はY市ではありません)が標準になっていますが、その中の床材の選択肢の1つに
ウッドワンの無垢フローリングがありました。ただしこの場合、室内ドア等の建具は原則としてウッドワンのものに限定されることになります。よって我が家もこの原則の通りとなっています。ウッドワンのソフトアートシリーズで以前記事に書いたとおり建具の色はメープルクリアです。

ただ1つ標準と違うのは、本来1階の床のみが無垢材になるところ、我が家担当のK所長のお力により2階の床も同じ無垢材になったという事です。ありがたや。



和室との仕切りはガラス入りの3枚引き違い戸。ウッドワンのM-KK

DSCF3347.jpg




階段はウッドワンではなく河合製巧というところのものです。色指定はナチュラル近似色。ただし蹴込みだけ住林テイストで白く色を変えてもらっています。住不では、踏み板を両側で支える側桁階段が標準です。側板が斜め一直線になるのが特徴です。

DSCF2528.jpg



階段の横には階段下収納。掃除機などはこちらへ。

DSCF2524.jpg


収納内部の仕上げについては造っている時に大工さんと相談し、奥の低い部分はスチールラック等が収まるように、階段の形を段々に残して収納力を確保し、手前側は頭を角にぶつけないように斜めに石膏ボードを貼ってもらいました。

上の写真で収納扉と玄関への扉が干渉していますが、これは想定内。リビングから収納への物の出し入れのしやすさを優先しました。




玄関ホールへの扉の横には電話機を置く棚を含んだ収納スペースを造りました。

DSCF2506.jpg

DSCF3354.jpg



これはニッチではなく、和室側の収納スペースの一部を奪う形となっています。上下の収納も同じだけの奥行きがあり、中には可動棚が付いています。

また電話の配線はここだけになります。正確に言うと一度、小屋裏収納へ出てきますが、そこからここへ配線されています。


スイッチのニッチやマガジンラックもそうですが、事前に想像できるものは壁を凹ませてでもスペースを造り、出来る限りリビング側に物を置くことがないように配慮しました。




換気口はキョーワナスタのKS-V4PS。我が家は全てこれです。あまり安っぽさを感じさせない良いデザインです。

DSCF3285.jpg


リビングはこれで終わりになります。ご覧頂きありがとうございました。



※今更ですが、我が家の仕様は基本的に2010年秋のものになります。その後、住友不動産の標準仕様等が変更されている場合、また建築エリアによる仕様の相違もありますので、現在および建築予定地の仕様については必ず担当の営業さんにご確認ください



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

turbomedalist

Author:turbomedalist
2011年春に自宅を新築しました。家族4人で新居を満喫中です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。