FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Web内覧会その11 サッシなど

先月末から少し忙しく、久しぶりの更新となりました。もう10月ですね。

今日は少し視点を変えてサッシについてです。




我が家のサッシはトステムの断熱サッシ、シンフォニーマイルドです。

トステムの「シンフォニー」シリーズは外側には耐候性の高いアルミ、室内側は熱伝導率の低い樹脂とを組み合わせたハイブリッド構造を備え、一般的なアルミサッシと比べて高い断熱性能を持っています。つまり夏の暑さや冬の寒さを室内に伝えにくいというのが1つ、もう1つには冬場にはサッシ部分の結露を大幅に防ぐことが出来るというメリットがあります。


シンフォニーには我が家で採用した「マイルド」と木目調サッシの「ウッディ」とがあります。

住不標準は、トステムならデュオPGという樹脂アングルを採用したアルミサッシでした。しかし我が家の場合は例のY市限定仕様によってシンフォニーマイルドとすることが出来ました。



我が家のサッシ外側の色はシャイングレー、室内側はマイルドグレーという色になります。シャイングレーとはいっても写真のようにメタリック系の色になります。1階リビングと2階のバルコニーに面する窓、3カ所は手動シャッターが付いています。


(1階リビングの窓)

DSCF3296.jpg




2階にシャッターが付いたのはこちらの希望ではありませんでした。何故そうなったのかはまたの機会にご紹介しますが、簡潔に言えばトステムの防火認定に関するトラブルによるもの。このせいで、既に建物全てのサッシが設置済みだったにも拘わらず、次の様な変更となりました。


トイレ、浴室などの窓は引き違い窓だったのが、上げ下げ窓に変更になりました。洗面室に至ってはサイズ上、上げ下げは付けられず、押し出し窓というタイプに。くるくるとレバーを回すと窓が数センチ押し出されて隙間が出来るというものです。




またリビングの高窓一カ所だけシンフォニーマイルドではなくシンプルアートという窓になります。内観色はホワイトしかありませんでしたが、それほど目立たない窓なので特に問題ありませんでした。

(工事中の写真)

DSCF1997.jpg

DSCF1996.jpg




なお窓ガラスに関しては、全て流行の遮熱断熱Low-E複層ガラスです。詳しくは省略しますが、前述のアルミ樹脂複合サッシと共に断熱と結露防止、さらには紫外線カットに高い効果を発揮する訳です。一定の防音効果もあります。ガラスメーカーは設計図書に記載はありませんでしたが、実際に付いているガラス刻印に「AGC」とありますので、おそらく旭硝子のサンバランスという商品ではないかと思います。



また掃き出し窓を除くほぼ全てのサッシには枠付き水切りを付けました。

DSCF2559.jpg


これも我が家の特徴の一つです。新築後何年かすると、窓などの隅から伝わった水のせいで外壁が汚れるのをよく見かけますが、それを防ぐためのものです。当初はKMEWのツタワンDなども考えていましたが、サッシと一体になった枠付きタイプというのがあるとのことで、トステムのものになりました。

サッシとの一体型なら建物外観に与える影響もほとんど無いと思いますし、追加費用も建物全体で約5万円程(我が家の場合)とそう多くありません。
これから家を検討される方にはぜひお奨めしたいと思います

まだ半年程度では水切りの効果のほどは分かりませんが、今後に期待です。





1階建物裏の窓には菱クロスの面格子を付けています。

DSCF2561.jpg




浴室の窓については、以前の記事でご紹介した通りトステムの「目隠し可動ルーバー」にしました。外観としてはこんな感じ。

DSCF3387.jpg

これはルーバー全開の状態ですね。



本日はここまで。


※トステムの断熱サッシですが、現在ではシンフォニーマイルドは既に廃盤となり、後継の「サーモス」というシリーズになっています。
※追記 まだ廃盤とはなっていないようです。失礼しました。


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

turbomedalist

Author:turbomedalist
2011年春に自宅を新築しました。家族4人で新居を満喫中です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。