スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火災保険 類焼損害特約のこと

びっくりしました。いつの間にか住まいブログの住友不動産INランキングで2位になっていました。


まずはご覧下さった皆様、ありがとうございます。まさかトイレの話だけでここまで来るとは思いませんでした。トイレの使用レポートはみんな気になるのですね。

それともエロンゲートの件に共感してくれた皆様のおかげでしょうか(笑)。





さて今日はちょっとまじめな話です。

火災保険の内容については皆さん勉強されるものと思いますが、我が家で特に必要と考えて入ったのが、類焼損害特約です。

日本では「失火の責任に関する法律(通称/失火法)」によって、原則として火災による延焼損害の賠償責任を免除しています。例えば隣の家から出た火災で自宅が被害を受けた時に、火元に損害賠償してもらうことが出来ない訳です。法的にそうなっていますので、例え裁判をしても勝てません。だからそういったことにも備えて自分で火災保険に加入することが大事なんです。

逆に言うと、例えば自分が出した火災でお隣さんが全焼してしまった時、さっき書いた様にお隣さんに弁償してあげる必要はありません。相手に訴えられても勝てます。法でそうなっていますからね。




でも法律的にはそうでも、実際はどうでしょうか。


常識的な考えを持つ人であれば、自分が火元だった時には、「どうも申し訳ありません」と謝ってまわるのが自然だと思います。また被害を受けたお隣さんの感情を考えれば、こちらが「法律上、損害賠償の責任はない」と言ってしまえば、その後の近所付き合いはとても大変なものと思います。よほど神経が太くないと、そこに住み続けることは難しいのではないでしょうか。



田舎の様にすぐ隣には家がないというのであればいいのでしょうが、我が家は田舎の一軒家などではなく、普通の住宅街にありますので、ここは安心を買うという意味で火災保険に「類焼損害特約」を付けるべきだと思い、加入をしました。火災によって相手に与えた損害をこの特約をもって賠償することが出来るわけです。


もちろん隣の方も火災保険に加入していれば、損害についてはその保険会社から保険金が支払われますので、こちらでこの特約に支払った分は無駄になる可能性もあります。ただ相手の方の保険状況をいちいち知ることが出来ない以上は、やはり自分で備えておくことが一番だと思います。


※少しややこしいのですが、ガス爆発等によるものは失火法の扱いとなりませんので、火元は損害賠償責任を負うことになります。



参考 http://allabout.co.jp/gm/gc/8652/




もしかしたら自分で火災を起こすよりも地震で被害を受ける確率の方が高いかもしれませんね。建物が倒壊することはまずないと思いますが、周辺から火が移ってくる可能性は充分にあります。

もちろん地震保険には建物、家財とも限度いっぱいに加入しています。






にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 家づくり日記
ジャンル : ライフ

プロフィール

turbomedalist

Author:turbomedalist
2011年春に自宅を新築しました。家族4人で新居を満喫中です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。