スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の断熱性

前回の記事でランキング2位になりましたと書いたのですが、記事をアップされたことの確認でランキングを覗いたら、
なんと1位に!


ありがたいことですし、もちろんうれしかったのですが、なんか落ち着かないというか、むず痒い様な気分ですね。後は落ちるだけみたいな(笑)。


今は1位から陥落しましたので、少しほっとしているのというのが正直なところです。




さてさて以前、夏の暑さはどうだったかを記事にしました。「冬に期待」ということで話を締めたのですが、関東もようやく本格的な冷え込みを迎えたということで、冬の断熱性について書いてみたいと思います。




まず何もしなければ普通に寒いです

特に日中に人のいない2階の部屋は寝る頃にはひんやりとしてます。24時間換気もしていますので、断熱性がいいとはいっても熱源が何もなければ冷える一方なのは当然ですね。



ただ人のいる1階は、日中であれば暖房無しでもそれほど寒くはなりません。人自身もそうですし、テレビや冷蔵庫、電気ポットなどから熱が出ることが大きいと思います。今のところエアコンをつけるのは朝起きてしばらくと、夕飯後から寝るまでの時間くらいです。
※我が家には、それ以外の暖房設備(床暖房など)はありません。


旧居などとの比較でいうと、建物内での温度差というものがそれほど大きくなく(1階と2階の差は除く)、それによって生じる隙間風というものがあまりありません。旧居では南側にある居間と北側にある台所の差が大きく、築年数のせいで建て付けが悪くなっていたこともあって戸からの隙間風がだいぶありました。

また窓やサッシなどからの冷気もかなりあり、障子などの隙間や穴からも同じようにヒューッと冷気が出ていました。



断熱材の入っている壁の性能はもちろんですが、体感できる部分として一番旧居との違いを感じられるのはやはり窓とサッシだと感じます。我が家のアルミ樹脂複合サッシ遮熱断熱Low-E複層ガラスとの組み合わせは大正解だったと思います。特にサッシ室内側の樹脂部分はどこの窓で触ってみても本当に全く冷たくありません。窓の部分から冷気が流れてくる様なことがほぼないのです。


そういったおかげかどうか分かりませんが、今のところ結露も全くすることはありません。


熱が逃げていく多くが窓からだと言いますから、断熱性のある複合サッシはぜひともお奨めしたいですね。




最後に誤解の無いように書きますが、あくまでも断熱性が高いので冷えにくいということであって、暖房を入れなくても暖かいということではありません。


エアコンを使っていない時は上着を着て厚着していますので、あしからず。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 家づくり日記
ジャンル : ライフ

プロフィール

turbomedalist

Author:turbomedalist
2011年春に自宅を新築しました。家族4人で新居を満喫中です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。