スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Web内覧会その1 外観

さて多くの方は更地状態から建築途中をレポートされる訳ですが、初っ端から内覧会スタートです。


ただ、いきなり内部から始めても見てる方は何がなんだか分からないと思いますので、まず建物の外観からご紹介しようと思います。(外覧会?)




まずは我が家の立地ですが、場所は秘密です。ただ「南関東」とだけ言っておきます。今年の夏も暑かったです。敷地面積は約41坪、建物の延べ床は約35坪です。


まず外観をドン。
DSCF2623.jpg

(バルコニーの布団は、きっと気のせいです)

敷地は北東側が公道、南東側が私道に接している形で、上の写真はほぼ真西を向いて撮ったものです。



我が家の建物外観は、ふかし壁に縦2本のアクセントラインが特徴です。
これは住不の建売住宅などで見られる標準的なデザインのようですね。住友不動産主力の都市型住宅J-Urbanシリーズでも、ワールドデザインシリーズでもなく、ただの「フリー」というタイプみたいです。(タイプなのか?)


誤解の無いように付け加えておきますが、営業さんに「フリーにして下さい」と言っても、決して伝わらないと思いますのでご注意を。

もともと普通のデザインがいいと担当してくれた所長さんにお伝えしたからな訳ですが。J-Urbanシリーズなどは自分にはちょっと進みすぎたデザインかなと思いました。




屋根は切妻型のスレート葺き。屋根材はKMEWのカラーベスト「コロニアルグラッサ」、色は「ウォルナットブラウン」です(見えてませんけど)。

標準仕様は同社の「コロニアルクアッド」でしたが、ランクアップしました。グラッサの方が色褪せに強く、耐候性に優れるというのが選択した理由ですが、実際にどうかは10年後でないと分からないのでしょうね。屋根材に苔でも付いてしまえば、素材の耐候性などは関係なくなってしまうでしょうから。




外壁は全面サイディングです。ニチハモエンサイディングM(14ミリ)で、2種類の色を組み合わせています。

メインは「ティンバーストーン調」のヴェールMGホワイトです。ホワイトというよりも柄の付いたベージュと言った方が正確ですね。
DSCF2302.jpg


アクセントには「フォストライン」のリスタMGブラウン。(工事中)
DSCF2404.jpg

前述の2本の縦ラインとバルコニー外側に使用しています(内側はティンバーストーン)。メインもアクセントも親水性のマイクロガード仕様で、水で汚れを浮かせて落とす機能付きです。まあ今はどのメーカーさんも似たような機能を付けているみたいですね。入居から半年、まだその効果の程は分かりません。

デザインや色を選ぶ段階ではサンプルで確認はしたものの、実際に出来上がるまでは「メインの色が少し濃すぎるかも」と気を揉んでいたのですが、無用の心配でした。完成後の実物を見るとやはりサンプルよりも薄く(白っぽく)見えました。

確かフォストラインは標準でしたが、ティンバーストーンは10万円程度の追加だったと思います。各社のカタログを見ながら、KMEWの16ミリ厚サイディングにも良さそうなものがあったのですが、見積もりしてもらったら100万を超える追加金額になってしまい断念しました。


それと玄関上にある壁飾りもリクエストして追加しました。KMEWの壁飾り(フラワータイプ)RE5210F1です。
DSCF2454.jpg
(適当な写真がないので、またまた工事中のものを)



今日はこの辺りで。



サッシや窓についてはまたの別機会にご紹介したいと思います。

次回は間取りにしようかな。



それにしてもブログも難しいですね。行間とか、見やすいように調整するのは思ったより大変です。またまだ勉強中のため、見づらいといった点はあるかもしれませんが、しばらくお付き合い頂ければと思います。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 家づくり日記
ジャンル : ライフ

プロフィール

turbomedalist

Author:turbomedalist
2011年春に自宅を新築しました。家族4人で新居を満喫中です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。