スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エネルック 電気はどう?

ずいぶん久しぶりの投稿です。


さすがに年末が近づいてくると余裕が無くなってきますね。エネルックの続きを見事にほったらかしてしまいました。





さて電気に関してですが、エネルックで見るとこんな感じです。

DSCF3483.jpg

1月から12月までの推移です。11月中旬に撮った写真なので11月は途中分までしか表示されていません。ちなみに今確認してみると、11月は10月をわずかに下回った位でした。




我が家での平均的な電気使用量は、リビングの照明がついている様な平時でおよそ0.6KW/hくらい(※TVも使用で)。夜に寝る時、全ての照明を消すと0.3KW/hくらいでした。標準的な家庭と比較して多いのか少ないのかは分かりません。


電気の消費量が多いのは、エアコン、IHクッキングヒーター、浴室乾燥機使用時、掃除機と言ったところでしょうか。床暖房などは元々付いていません。




以前の記事で夏がどうだったかを書きましたが、夏はエアコンは使わざるを得ませんでした。逆に暖房としてのエアコンはそれほど多くは使っていません。

上の写真で夏の時期の電気使用量が増えているのは、おそらくエアコン分の差だと思います。




そう考えると意外とエアコンは省エネだったと見るべきか、それとも普段の電力消費が元々多くてエアコン分が目立たないと見るべきか、いったいどちらなんでしょうね。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ
にほんブログ村

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

エネルック 我が家のガス使用傾向を考えてみる 

エネルックの2回目です。




さてまずは撮影しやすいキッチン側のリモコンで見ていきます。

DSCF3480.jpg



リモコンの下半分が開けられる様になっており、各種スイッチが隠れています。

左側のスイッチ2つがエネルック機能のスイッチです。まず下側の「エネルギーメーター」は現在の各エネルギー(ガス、お湯、電気)の使用量を表示させることが出来ます。上の写真はちょうどそれを表示させたところです。




次に上の「エネルック」ボタンはそれぞれの一定期間の累積使用量を確認することが出来ます。
もう一度、我が家の核エネルギーもとい各エネルギーを見てみます。

DSCF3481.jpg



見事なまでのV字になっていますね。我が家のキッチンはガスコンロではなくIHクッキングヒーターですから、料理するのにガスは全く消費しません。つまりガスを使用するのはガス給湯器のみです。なのでガスとお湯についてはグラフで見るとほぼ同じ形になります。


お湯を使うのがどんな場合か考えてみます。

1.洗面所

我が家では洗面所でお湯を使うのは妻だけです。朝、起きて顔を洗う時ですね。もちろん暑い夏場はお湯ではなく水を使っていることと思います。

でも私は寒い時期でも洗面所では水しか使いません。理由はケチなのと、水が出てくるまでの待ち時間が面倒だからです。子供は水栓レバーの位置によってお湯が出てくるのだという事自体を教えていませんので、意図的にお湯を使うことはありません。


2.食洗器
食洗器は基本的にお湯を使います。具体的にどの様な仕組みになっているかは良く分かりませんが、おそらく給湯リモコン設定の温度で庫内にお湯をいったん出して、さらに搭載ヒーターで60度程度に加熱するものと思います。食洗器は入居以降、季節に関係なくコンスタントに使用しています。


3.浴室
当然にお湯を使用します。ただ暑い夏場はお風呂は沸かさずにシャワーだけ使う様になります。



以上のことを考えると、浴室で浴槽にお湯をためて浸かるということがガスとお湯の使用量に影響与える主要因だということが分かってきました。


一つには、我が家の浴槽はワイド浴槽なので、それ以外の浴槽と比べて湛水量が多くなってしまうことなのでしょう。エスライン浴槽とは満水量で70Lの差(25%増)があります。あらかじめ分かっていることですので湯量設定も控えめにしているんですけどね。


もうひとつ思うのは、思っていた以上にシャワーの節水量が大きいらしいということです。パナのココチーノではW節水シャワーがオプションとなっていて、我が家でも採用しています。季節に関係なくシャワーは使用しますので、使用水量が少ないと考えないとガス使用量の季節差が説明できなくなってしまうと思います。

カタログでは年間コストを32%削減となっていますが、意外と本当のようですね。

※我が家ではガス、電気ともに床暖房を全く設置していませんので、あしからず。



ちなみに月間使用量もこんな感じで表示させることが出来ます。

DSCF3482.jpg




とりあえず今日はここまで。次回は電気使用量を見てみます。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ
にほんブログ村

秋晴れと外観

意味はありませんが、綺麗な青空だったので…。




最近の我が家です。(今日じゃありませんよ)

DSCF3472.jpg






はて? ブログ村に21時頃アップした新着記事が反映されていないのはなぜ?

この記事はどうかな?




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ
にほんブログ村

知ってますか? エネルック

今日は我が家の電気やらガスやらの話です。




皆さんも自宅をオール電化にするかガス併用にするかを考える中で、エコキュートエコジョーズなどの言葉は勉強されたと思います。そうそうエネファームもありますよね。




ところで「エネルック」は聞いたことがおありでしょうか。




東京ガスのホームページには次の様に記載されています。

2006年4月よりエネルギー量表示機能付リモコンが「エネルック」という名称に統一されました




より正確に言うと、リモコンそのものよりも電気・ガス・水道の使用量を表示する機能を指す言葉です。各社から「エネルック機能搭載」の給湯リモコンがラインナップされています。


我が家の場合はそもそもエコキュートのオール電化住宅や、太陽光発電などは新築時および将来のコストから全く考えていませんでした。こうした皆さんのブログを拝見しているとリモコンなどで電気の発電量や使用量などが見られる様になっているみたいですよね。


大震災や原発事故があったからではなく、もともと私も電気などの使用量がどれくらいなのかは気にする様にしたいと思ってはいました。以前の記事にも書きましたが、我が家の給湯器は高木産業(いわゆる「パーパス」)でした。昨年秋に給湯器の新型機種が発売された時に見た資料に、電力測定ユニットを追加すれば電力使用量も分かるという事が書かれていました。「これだ」と思った訳です。



ブレーカー右に付いているのが電力測定ユニットEM-01

DSCF2512.jpg





ちなみに再掲ですが、これが我が家の給湯リモコンです。


浴室用リモコン FC-703

DSCF3435.jpg



キッチン用リモコン MC-703

DSCF2570.jpg





で、エネルック機能で何が出来るかというと……。

次回に続く。




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ
にほんブログ村

火災保険の話 省令準耐火?

新築される方は、皆さん火災保険に加入されることと思います。




我が家の場合は、住不紹介の三井住友海上と、ネットに良く広告を出しているセゾン自動車火災保険とを検討しました。


三井住友はよくあるセット型の商品でしたが、住不と提携している関係で10%(多分…)の割引があります。


一方のセゾンは、水災を外すとか、出る場合と出ない場合を自由に組み合わせることが出来るのが特徴です。特にネットでのダイレクト型保険会社だけあって、組み合わせをネット上で自由に選択して見積もりまですることが出来るので、保険料の試算をする場合にはとてもいいですね。



で結局のところ、ほとんどの場合に保険が出る様な組み合わせを希望することになり、その点ではセゾンのメリットは無くなってしまったのですが、支払う保険料で比較したところ、なんとセゾンの方が安かった。残念ながら三井住友は割引を入れても勝てませんでした。それでセゾンに決定


ただ他の方も書かれていましたが、セゾンでは建物の保険価額は、最終的に建築請負契約上の金額に合わせられてしまいますので、あらかじめ注意が必要ですね。



1つ困ったのは、我が家の設計図書等に省令準耐火の記述が見当たらなかったこと。この場合には保険料がかなり安くなります。


最近の建物は建売なども含めてほぼ省令準耐火になっているので、全く心配はしていませんでしたが、かなり面倒くさい作業になりました。


一般的には建築確認申請書の中に記載されていることが多いのですが、何度見返しても載っていません。その次にパンフレット等に記載があればOKとの事だったのですが、こちらもダメ。「長期優良住宅仕様」の文句はかなりあったんですけどね。


最終的には、わざわざ住不のハンコをついた書類(省令準耐火だよ、という書面)を用意してもらって保険会社に提出しました。



みなさんもそうですか?




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ
にほんブログ村

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

プロフィール

turbomedalist

Author:turbomedalist
2011年春に自宅を新築しました。家族4人で新居を満喫中です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。